サービス提供責任者の常勤換算

常勤換算の具体的取扱


サービス提供責任者として配置することができる非常勤職員については、当該事業所における勤務時間が、当該事業所において定められている常勤の訪問介護員等が勤務すべき時間数(32時間を下回る場合は32時間)の2分の1以上に達している者でなければならない。

サービス提供責任者として配置することができる非常勤職員の勤務時間は次の両方を満たさなければならない。
 ①常勤職員の勤務時間の2分の1以上
 ②16時間以上

イ 2人以上サービス提供責任者を配置しなければならない事業所については、常勤換算方法とすることができる。この場合において、 配置すべきサービス提供責任者の員数は、 訪問介護員等は、常勤換算方法で、当該事業所の月間の延べサービス提供時間を450で除して得られた数(小数第一位に切り上げた数)又は訪問介護員等の数を10で除して得られた数以上とする。
サービス提供責任者は次のいずれかの基準によって増員しなけらばならない。
 ①月間の延べサービス提供時間450時間ごとに1名
 ②訪問介護員等10人ごとに1名
※どちらかの基準を満たせばよい。


ロ イに基づき、常勤換算方法とする事業所については、サービス提供責任者数から1を減じて得られた数以上の常勤のサービス提供責任者を配置するものとする。
サービス提供責任者の人数が1~5人の場合、非常勤のサービス提供責任者は1名のみということ。下記の別表を参照。

ハ 6人以上のサービス提供責任者を配置しなければならない事業所であって、常勤換算方法とする事業所については、算出されるサービス提供責任者の数に2を乗じて3で除して得られた数(一の位に切り上げた数)以上の常勤のサービス提供責任者を配置するものとする。
サービス提供責任者の人数が6人以上の場合、具体的は人数は下記の別表の通り。

常勤換算する場合に必要となる常勤のサービス提供責任者数

具体的には、別表1または別表2に示す常勤換算方法を採用する事業所で必要となる常勤のサービス提供責任者数以上の常勤のサービス提供責任者を配置するものとする。
別表1
月間延べサービス提供時間 サービス提供責任者総数 左のうち常勤職員
450時間以下
450時間超900時間以下
900時間超1,350時間以下
1,350時間超1,800時間以下
1,800時間超2,250時間以下
2,250時間超2,700時間以下
2,700時間超3,150時間以下
3,150時間超3,600時間以下
3,600時間超4,050時間以下
4,050時間超4,500時間以下 10
4,500時間超4,950時間以下 11
4,950時間超5,400時間以下 12
5,400時間超5,850時間以下 13
5,850時間超6,300時間以下 14 10
6,300時間超6,750時間以下 15 10
6,750時間超7,200時間以下 16 11

別表2
訪問介護員等の数 サービス提供責任者総数 左のうち常勤職員
10人以下
11人以上20人以下
21人以上30人以下
31人以上40人以下
41人以上50人以下
51人以上60人以下
61人以上70人以下
71人以上80人以下
81人以上90人以下
91人以上100人以下 10
101人以上110人以下 11
111人以上120人以下 12
121人以上130人以下 13
131人以上140人以下 14 10
141人以上150人以下 15 10
151人以上160人以下 16 11


  • 最終更新:2012-02-04 16:00:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード