施行規則 第5節 介護保険施設

(指定介護老人福祉施設に係る指定の申請等)

第134条~第135条の2

(介護老人保健施設の開設許可の申請等)

第136条  法第94条第1項 の規定による介護老人保健施設の開設の許可を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した申請書又は書類を、当該許可の申請に係る施設の開設の場所を管轄する都道府県知事に提出しなければならない。
 一  施設の名称及び開設の場所
 二  開設者の名称及び主たる事務所の所在地並びに代表者の氏名、生年月日、住所及び職名
 三  開設の予定年月日
 四  開設者の定款、寄附行為等及びその登記事項証明書又は条例等
 五  敷地の面積及び平面図並びに敷地周囲の見取図
 六  併設する施設がある場合にあっては、当該併設する施設の概要
 七  建物の構造概要及び平面図(各室の用途を明示するものとする。)並びに施設及び構造設備の概要
 八  施設の共用の有無及び共用の場合の利用計 画
 九  入所者の予定数
 十  施設の管理者の氏名、生年月日及び住所
 十一  運営規程
 十二  入所者からの苦情を処理するために講ずる措置の概要
 十三  当該申請に係る事業に係る従業者の勤務の体制及び勤務形態
 十四  当該申請に係る事業に係る資産の状況
 十五  介護老人保健施設基準第30条第1項 に規定する協力病院の名称及び診療科名並びに当該協力病院との契約の内容(同条第二項 に規定する協力歯科医療機関があるときは、その名称及び当該協力歯科医療機関との契約の内容を含む。)
 十六  当該申請に係る事業に係る施設介護サービス費の請求に関する事項
 十七  法第94条第3項 各号(法第94条の2第4項 において準用する場合を含む。)に該当しないことを誓約する書面(以下この条及び第137条において「誓約書」という。)
 十八  役員の氏名、生年月日及び住所
 十九  介護支援専門員の氏名及びその登録番号
 二十  その他許可に関し必要と認める事項

2  介護老人保健施設の開設者が、法第94条第2項 の規定により都道府県知事の許可を受けなければならない事項は、前項第五号(敷地の面積及び平面図に係る部分に限る。)、第七号、第八号、第十一号(従業者の職種、員数及び職務内容並びに入所定員に係る部分に限る。)及び第十五号(協力病院を変更しようとするときに係るものに限る。)に掲げる事項とする。ただし、同項第十一号(入所定員に係る部分に限る。)に掲げる事項を変更しようとする場合において、入所定員又は療養室の定員数を減少させようとするときは、許可を受けることを要しない。 

3  法第94条の2第1項 の規定に基づき介護老人保健施設の許可の更新を受けようとする者は、第1項各号(第三号及び第十七号を除く。)に掲げる事項及び次に掲げる事項を記載した申請書又は書類を、当該許可に係る施設の所在地を管轄する都道府県知事に提出しなければならない。
 一  現に受けている許可の有効期間満了日
 二  誓約書

4  前項の規定にかかわらず、都道府県知事は、当該申請に係る施設が既に当該都道府県知事に提出している第1項第四号から第十五号までに掲げる事項に変更がないときは、これらの事項に係る申請書の記載又は書類の提出を省略させることができる。

(法第94条第3項第六号 の厚生労働省令で定める同号 本文に規定する許可の取消しに該当しないこととすることが相当であると認められる場合)

第136条の2  法第94条第3項第六号 の厚生労働省令で定める同号 本文に規定する許可の取消しに該当しないこととすることが相当であると認められる場合は、厚生労働大臣、都道府県知事又は市町村長が法第115条の33第1項 その他の規定による報告等の権限を適切に行使し、当該許可の取消しの処分の理由となった事実及び当該事実の発生を防止するための当該介護老人保健施設の開設者による業務管理体制の整備についての取組の状況その他の当該事実に関して当該介護老人保健施設の開設者が有していた責任の程度を確認した結果、当該介護老人保健施設の開設者が当該許可の取消しの理由となった事実について組織的に関与していると認められない場合とする。

(聴聞決定予定日の通知)

第136条の3  法第94条第3項第七号の二 の規定による通知をするときは、法第100条第1項 の規定による検査が行われた日(以下この条において「検査日」という。)から10日以内に、検査日から起算して60日以内の特定の日を通知するものとする。

(法第94条第6項 の厚生労働省令で定める事項)

第136条の4  法第九十四条第六項 の厚生労働省令で定める事項は、次に掲げる事項とする。
一  当該許可に係る施設の名称及び開設の場所
二  当該許可に係る開設者の名称及び主たる事務所の所在地並びに代表者の氏名、生年月日、住所及び職名
三  開設の予定年月日
四  入所者の予定数

(介護老人保健施設の開設者の住所等の変更の届出等)

第137条  介護老人保健施設の開設者は、第136条第1項第一号、第二号、第四号(当該許可に係る事業に関するものに限る。)、第六号、第十号、第十一号(従業者の職種、員数及び職務内容並びに入所定員(前条第二項ただし書に規定する部分を除く。)に係る部分を除く。)、第十五号(協力病院を変更しようとするときに係るものを除く。)、第十六号、第十八号及び第十九号に掲げる事項に変更があったときは、当該変更に係る事項について当該介護老人保健施設の開設の場所を管轄する都道府県知事に届け出なければならない。この場合において、当該介護老人保健施設の開設者の役員又はその長の変更に伴うものは、誓約書を添付して行うものとする。

2  介護老人保健施設の開設者は、休止した当該介護老人保健施設を再開したときは、再開した年月日を当該介護老人保健施設の開設の場所を管轄する都道府県知事に届け出なければならない。

3  介護老人保健施設の開設者は、当該介護老人保健施設を廃止し、又は休止しようとするときは、その廃止又は休止の日の一月前までに、次に掲げる事項を当該介護老人保健施設の開設の場所を管轄する都道府県知事に届け出なければならない。
 一  廃止し、又は休止しようとする年月日
 二  廃止し、又は休止しようとする理由
 三  現に介護保健施設サービスを受けている者に対する措置
 四  休止しようとする場合にあっては、休止の予定期間

(法第百四条の二 の厚生労働省令で定める事項)

第百三十七条の二  法第百四条の二 の厚生労働省令で定める事項は、次に掲げる事項とする。
 一  当該介護老人保健施設の開設者の名称又は氏名
 二  当該介護老人保健施設の名称及び所在地
 三  許可をし、事業の廃止の届出の受理をし、又は許可を取り消した場合にあっては、その年月日
 四  許可の全部又は一部の効力を停止した場合にあっては、その内容及びその期間
 五  サービスの種類

(指定介護療養型医療施設に係る指定の申請等)

第138条~第140条の2

  • 最終更新:2012-02-02 16:02:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード